JUNCTION PRODUCE Y31CIMA 製作記 ⑥

皆様お久しぶりです(ブログ更新では)

1週間も放置して(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
特に忙しいわけでもなく、何故かやる気が出なくて
少しづつしか進んでおりません…


まずは磨き作業。

テロテロになってニヤニヤ作業なはずなのに、
下地を出さないように慎重に磨きヒヤヒヤ作業に(笑)

2000番水研ぎ⇒ラプロス2400・4000・6000・8000番を水研ぎして入念に
研ぎます。(入念にといっても慎重に)

そして無駄に高いクレオスコンパウンドを荒い方から順に
磨いていき…



画像


全面こんな感じにテロテロになりましたぁ!

そのあとリューターでライトの凹凸荒らし作業をして・・・

画像


右側がメッキシールを貼ってライトも付けた状態です。
左側はリューターで荒らしただけの状態。

プラモ歴1年半の僕ではこのくらいが限界かもです(苦笑)
とはいえリアル感が出て自己満足です(笑)



そしてここからいや~~なクロームメッキモールのマスキング作業。
だらだら作業で2日くらいかけて貼りました
慎重作業ということで(笑)


画像


今回スプレーで結構下地作りをしたので
以前よりは筋は残っていますが、
やはりトランクと後面ガラスのクロームモールとの間の
筋が埋まりかけで、
マスキングが難しかったです。

インパルシーマはマルーンをエアブラシで塗り、レッドパールをスプレーで塗装し、クリアーを吹き重ねるので
ちょっと心配なので筋ボリをさぼらずにちゃんとしますw

インパルシーマは630Rについていたインパルマークをグリルとトランクに貼り、
トランク右の731Sは630Rから頑張って加工して貼るつもりです。

(あっ大きさは一回り小さくしま 殴)


とと、話は戻り

クロームモールの塗装にはいつものメッキシルバーNEXTです。
今回は黒なのでそのまま塗っていい鍍金感が出せました(はずです)

画像
画像
画像



うす~く塗ったらもっといい鍍金感が出せたはずなんですが
我慢できなくて暗い時に塗ったので
少し厚く塗ってしまい、あまり鍍金感が出ていませんね(汗)

ですが、上手く塗れた方なのでヨシとします。


で、

テールはおとなしく?後期テールにするので、
折り紙を両面テープに貼って…

画像


こんな感じです。
レッドテールになってますがちゃんとオレンジの折り紙も使いましたよ。

クリアーのモールドがよくて
くっきり表面のリフレクターが見えてます。

そしてバックランプはボディー色そのままにしてあります。
この方が本物ぽくなるのでOKです。



そしていよいよ小物の取り付けをして・・・





小物装着が思った以上に苦戦しながら3日くらい掛けて…




















画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像



こんな感じになりましぁ!

今回あえてCIMAのプレーとのデカールにしました。
ジャンクソンプロデュースのデカールが全部失敗しただなんて口が裂けても言えません(爆)

ピラーエンブレムも赤い2Sシーマについていたものを塗って貼って取り付けしました。

片方のシールを貼るのが失敗して父が買った2Sシーマのプラモから
デカールもらう予定です(爆)




結論(爆): 小物装着はかなり苦戦シーマした
















糸売

"JUNCTION PRODUCE Y31CIMA 製作記 ⑥" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント