JUNCTION PRODUCE Y31CIMA 製作記③

ボディー塗装編その①です。


みなさまこんばんわ!
学校は昨日から始まり、明日まで給食ありの4時間授業、木曜日から本格的に学校が始まります。

しかも大阪の中の僕が住んでいる市だけが9月前から始まるという(汗)
学力向上て…休む時に休まなきゃ勉強する気が出ません☚お前が言うな



~~~~~~~
本題です。


ジャンクションシーマを先に完成させてしまおう、ということでブログ記事にはジャンクションが多いのですが、
裏でちゃんとインパルシーマもパテ盛り、削りのループをしています。

なのでインパルシーマはエアロがほぼ完成したぐらいに記事を書きます。

まずはエアロを装着しました。
というのも帯を型どってバンパー延長すると言いましたが、
難しくなって取り敢えずジャンクション1号は諦めます(汗)

そして、最初はブラックサフェーサーをひと吹き。


画像


が、修正した後そのまま塗装したので、粗が・・・

画像

画像
画像


ご覧の通りパテの修正跡などが目立ち、さらに下地の足付けで磨いたサンドペーパーも番手が荒かったようで、
磨き傷というより引っかき傷のようなものも残っていました。



なので・・・・









パテで修正跡を更に修正し、引っかき傷のようなものを1200番の耐水ペーパーで水研ぎし、
そのままクレオスのブラックをスプレーで塗装しました。

画像

画像


今回何故スプレーで塗装したのかというと、簡単に言うとこれは下地の一環で
このあとウイノーブラックとスーパークリアーを調色してKH3(スーパーブラック)ぽい色を塗装するので、
そのために発色をよくするためにブラックのスプレーを塗装したのです。

ジョーシンのプラモコーナーの貼り紙でやり方を見つけました(笑)


でもこれでも充分良い色が出ました!


なので調子に乗って、仮組み(爆)




画像
画像


前から作り置き?していた後期グリルもはめ込んでみました。
やっぱりこれだけで雰囲気が出ますね~

まあグリルの縦線も再現できたら良かったんですが^^;
また今度の後期グリルで挑戦します。

ちなみにフロントにはスモークフィルム貼っていませんが、これは後から貼るつもりです。


画像


調子にのって後部座席ウインドウも仮組み。


実はコノジャンクションシーマのパッケージの車はオフ会で会いまして、ウインドウも全開でしたので、
ウインドウきって見たのですが、運転席側のシートベルトも格納されていました(笑)

でもちゃんとシートベルトは自作しますよ(笑)


画像
画像


テールランプのパーツも作り置きしていました。ブラックの上からはめているだけなので、前期テールより少しスモークがかっている感じですね。真っ黒に仕上げるので、完全ブラックアウトと思いきや、この暗さで行きます。
(もしかしたら後期テール風の明るさにするかもですが 笑)


画像


真っ黒ということで、スモークは黒めです。やはりこうしたほうがシックリくるからです。
おかげでジャンクソンプロデュースのシールやSFCのシールが目立ちます!

(SFCが傾いているのはここだけの話…)





画像


最後にいつものこの角度(笑)

(どうしてもピンボケ・・・・)

今回はここまで。
















糸冬

"JUNCTION PRODUCE Y31CIMA 製作記③" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント