疾風31のVIPCARプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS IMPUL Y31CIMA 製作記その3

<<   作成日時 : 2013/07/28 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

調子に乗って本日2回目のブログアップ(爆)


今回はフロントバンパーの修正です

実車とはウインカーの付いている部分とバンパーの下部分との幅が違ったので、
少しバラしました。

画像



ちなみに前回フロントバンパーの作りかたは細かく説明していなかったので、ここで説明。


まずは純正バンパーの前部分をニッパーで破壊します。

この時はプラモ用のニッパーより、100円ニッパーを使った方が、プラモ用が刃こぼれせずに済むので、
お勧めです。

そして、前部分を破壊できたらサイドに何となくパテを盛ります。

このとき、できるだけバンパーのウインカーを出したら、光るやつのとこをパテで埋まらないように注意します。


ついでにシャーシをはめ込むところに、エアロの中心の柱をパテで製作しておきます。


次に、ライトの裏側のウインカーがある部分の裏にパテを盛ります。

そして乾燥する前に、1mmのプラ棒を適当な長さに切って、乾燥前のところに差します。
これがインパルフォグの仕切りになります。

(外側の仕切りはサイドにパテを盛った時に制作します。)



そして、適当な太さのプラ板(薄くないほうが良い)を外側の仕切りにぴったりになるように切ります。
(僕は測って切りませんでした。)

その後1.5mmのピンバイスで内側の1mmプラ棒の場所に穴を開けます。
この時にガンダムマーカなどで穴を開ける場所をマーキングしておきます。
裏から、ライトを照らすとプラ棒の影がプラ板を通して見えます。

なので、プラ板が太すぎて透けないと場所にマーキングしにくいので、0.5mmくらいのプラ板のほうが良いです。


そして、穴を開けれたら、プラ板をプラ棒に差し込んで、バンパーの中心の柱のところまで押し込みます。
この時にプラ板を曲げないようにします。

ちゃんとプラ板が真っ直ぐになっていたら、流し込み接着剤で接着します。


(長々と書きましたが上の画像がここまでの状態です。)


今はエアロの下部分にパテを盛って乾燥待ちです。
上手く整形できたらまた明日にでも更新します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オリジナルバンパー良いですね♪

参考にします!
Lexus222
2013/07/30 20:08
Lexus222さま
コメントありがとうございます!

オリジナル・・・というか似せたバンパーですね(笑)

参考にするということは、Y31シーマ作るということでよろしいでしょうか(爆)
疾風31
2013/07/30 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
IMPUL Y31CIMA 製作記その3 疾風31のVIPCARプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる